地域の歳末夜警に白山寮生が参加。 寒空のもと、15人が「火の用心」

  同盟学寮白山寮が加わっている原町町会は2015年12月25日(金)から29日(火)まで5日間、夜9時から寒風の吹きすさぶ町内の歳末夜警と火の用心を実施した。

白山寮からは毎晩、寮生3人ずつが参加。白山地区と千石地区2手に分かれ、「火の用心」と書かれた提灯を片手に「火の用心」と声を上げながら、年末の犯罪防止と火事への警戒を呼び掛けた。1時間ほどかけて町内を巡回した後、横山町会長宅前の詰所に戻った。

参加した寮生たちは、詰所に用意されたおでんやとん汁、鶏のから揚げなどを頂戴し暖を取った。15人とも、火の用心に繰り出すのは初めて。普通の大学生活では体験できない行事だけに、貴重な思い出となったようだ。

(了)