スケジュール

同盟育成会 創立80周年記念会

 節目の年を迎え、学寮生だけではなく奨学生も参加する記念会を、いつもと会場を変えて行います。

 日時:2020年10月18日(日) 11:00~15:00

 場所:如水会館

 

 

同盟学寮 入寮生募集

 2021年度の入寮生募集は、2020年10月頃開始予定です。

詳細は、前回の募集要項を参考にしてください。

 2020年度の募集要項 (参考用)

 

古野奨学金 給付奨学生研修会

  2020年度 第1回研修会 7月 6日(月)

   コロナウイルス感染拡大防止のため中止いたします。

 

古野奨学金 給付奨学生募集

 2020年度の給付奨学生募集は終了しました

 

2021年度の募集は2021年4月開始予定です。

詳細は、前回の募集要項を参考にしてください。

 2020年度募集要項(参考用)

「大学学部生向け」  「大学院生向け」

 


新着ニュース


6月1日より学寮を再開

同盟育成会は緊急事態宣言解除のため6月1日より学寮を再開します。

業務体制についてのお知らせ

 

現在,緊急事態宣言を受け在宅勤務を行っております。
財団に関係する皆様からのお問い合わせやご相談につきまして、ご不便をおかけしてしまうことがありますことを、ご理解賜わりますようお願い申し上げます。
問い合わせは当財団サイトのお問い合わせフォームよりお願いします。

学寮の閉鎖5月31日まで延長

 政府は4日、コロナ対策で異常事態宣言の5月31日までの延長を決定しました。これを受け、同盟育成会は白山、市谷両寮の閉鎖を同日まで延長します。

公益財団法人同盟育成会理事長 山内豊彦

新型コロナで対策 第3弾  学寮、15日から一時閉鎖

  同盟育成会は4月8日、新型コロナウイルス対策で、政府による緊急事態宣言を受け、都内にある男子、女子の2寮の一時閉鎖を含む対処方針を決めた。コロナ対策では2月、3月に続く第3弾。急速な感染者の拡大に伴い、寮生の安心・安全の確保を最優先する必要があるとの判断から一時的に閉鎖することとした。今月15日を目途に実施する。

 

  緊急事態宣言による感染者蔓延の危機的状況の中で、仮に寮内でコロナウイルス感染者が出た場合、濃厚接触者が多く出て「クラスター」と呼ばれる集団感染に及ぶ恐れがあると判断。閉鎖を決めた。

 

  同盟育成会は、今年で創立80周年を迎える。この間、第二次大戦中も1日も寮が閉鎖されたことは無く、今回は苦渋の対応となった。

 

  閉鎖は当面、政府の宣言の期間である5月6日まで。期間の延長があれば、それに応じて閉鎖期間も延長し、大学の授業開始時期も考慮に入れて継続する方針だ。

新型コロナで第2弾の対策

 

 同盟育成会は3月30日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、男女の各寮生に対し帰省を促すとともに、寮費の減免などを盛り込んだ対策をまとめた。2月25日のマニュアル策定に続く第2弾の対策。

 新たな対策では、帰省する寮生に対し、期間に応じて寮費をゼロ~2万円に減免(寮費は月額3万円)するほか、新入寮生で入寮済みの人には帰省の往復交通費の全額を補助する。

 また、新入寮生と寮生との対面式など、多数の寮生が参加する毎年の恒例行事は中止とした。

 都内の多くの大学では、コロナ対策で授業開始の時期を大幅に遅らせているが、既に帰省している寮生に対しては、「少なくとも大学の授業が開始されるまでは寮に戻らない」よう要請。一方、何らかの理由で帰省できない人に対しては、朝食、夕食は通常と同じように提供する。

 

以上

第3回奨学生研修会を開催。 選考委員含め68人が参加

  同盟育成会は2月19日、東京・内幸町の日本プレスセンタービルで2019年度第3回古野奨学生研修会を開催し、奨学生や奨学生選考委員ら68人が参加した。研修会では、コーディネーターを務める元上智大学教授で元毎日新聞記者の橋場義之氏が「現代のフェイクニュース~メディアと私たち」の演題で講義したほか、フリーライターで批評家の永江朗氏が「私のインタビュー術」のテーマで講演した。

 橋場氏は、嘘の混じったニュースへの対処策に関して、「特効薬はない」と強調。騙されないためには、とにかく疑うという「健全な懐疑主義」を持つとともに、一般教養を身に付ける必要性を指摘した。

続きを読む

新型コロナウイルスへの対策マニュアルを作成

同盟育成会は2月25日、同盟学寮および育成会における新型コロナウイルスへの対策マニュアルを作成しました。

同マニュアルの内容は以下より、ご参照ください。

続きを読む

白山寮で「追い出しコンパ」開く。 卒寮生とともに別れを惜しむ

  同盟学寮の年間行事のうち、最後の大きな行事である「卒寮生を送る会」(追い出しコンパ)が2月1日(土)午後、白山寮で行われた。市谷寮と白山寮の寮生約90人が集まり、卒寮する男子寮生15人、女子寮生11人との別れを惜しんだ。

 午後5時、在寮生に交じり、卒寮生が席に着いた。初めに、実行委員会が作成した卒寮生の写真をまとめた動画を観賞した。クリパや夏キャンなど、卒寮生が入寮以来過ごしてきた楽しい日々の足跡をみんなで振り返った。「わー、かわいい」「きれいね」という歓声が、あちこちから沸く。

 

続きを読む

同盟学寮の「成人式」白山寮で開く ≪同盟育成会の山内理事長らが祝辞≫

              新成人寮生記念撮影
              新成人寮生記念撮影

 新春恒例の同盟学寮の「成人を迎えた寮生を祝う会」が1月19日(日)、白山寮で開かれた。市谷寮から女子寮生47人が駆けつけ、白山寮生51人と合わせ98人が出席した。午前11時、同盟育成会の佐藤陽信常務理事・事務局長が開式を告げ、成人を迎えた寮生24人(白山寮11人、市谷寮13人)のうち、出席した20人の氏名を1人ずつ読み上げた。呼ばれた寮生は次々に起立し、回れ右してあいさつした(留学中や所用のため4人が欠席)。

 まず山内豊彦理事長が「成人を迎えられた寮生の皆さん、おめでとう」と語りかけ、次のように祝辞を述べた。

 「1週間前に故郷で成人式に出席した方も多いと思うが、同盟学寮の仲間たち、出身も大学も違う人たちから祝ってもらうのもいいものだと思う。今年は2020年、同盟学寮は創立80周年を迎え、皆さんにとっても記念すべき年だ」  

 

続きを読む

歳末夜警に白山寮生10人が参加。 寒空に「火の用心」の声響く

 同盟学寮白山寮が所属する文京区の原町町会は、2019年12月24日(火)から28日(土)までの5日間(雨天のため、26日は中止)、夜9時から町内の歳末夜警・火の用心を実施した。暖冬とはいえ寒風が吹き抜ける中、白山寮生は毎晩2人-3人、計延べ10人が参加した。

 町内の白山地区と千石地区方面の2組に分かれ、拍子木を打ちながら「火の用心」と書かれた提灯を手に「火の用心」の声を夜空に響かせる。歳末の犯罪の未然防止と、火の元に十分注意するよう呼び掛けた。町内を1時間ほどかけて巡回した後、白山通りに面した老人福祉施設前の詰所に戻った。

 夜警を終えた寮生たちは、詰所に用意された熱々のおでんをいただき、冷え切った体を温めた。参加した延べ10人の寮生の中には、今年初めて経験した新人寮生のほか、昨年も参加した上級生も。

 

続きを読む

公益財団法人 同盟育成会

住所: 〒100-0011 東京都千代田区内幸町 2-2-1 日本プレスセンタービル1階

電話: 03-3593-2055         FAX: 03-3502-3550

業務時間: 平日の午前9時~午後5時、土日祝祭日は休業