白山寮(男子学生寮)

東京 山手線内側(白山)の閑静な住宅街にある男子学生寮
白山寮 正面

 

  最寄駅: 都営三田線  白山、千石両駅から、徒歩8分程度。

建物: 鉄筋地上5階。 2014年12月竣工。
定員: 54人

住所: 〒112-0001 東京都文京区白山 5-15-19
    TEL: 03-6759-2462   FAX: 03-6759-2463

 


学寮長あいさつ

 同盟学寮の男子寮「白山寮」が2014年12月中旬に完成し、男子寮生36人が市谷寮から引っ越しました。それまでの男女共寮に別れを告げ、新しい環境、真新しい設備・寮室での生活がスタートを切りました。

 3年半が過ぎ、同盟学寮の歴史は創設以来、今年で78周年を迎えます。男女が同じ寮で過ごす共寮時代が10年余り続きましたが、2寮体制の新たな歴史が順調に刻まれ始めています。男女別々の寮になっても、同盟学寮の基本理念に変わりはありません。働きながら、学ぶ。寮の運営は、基本的に寮生の自治委員会に委ねる。毎朝の清掃、週1回の班清掃、そして月1回の全体清掃を寮生自らが当番を振り分けて行っています。

 また、同盟育成会の主催する対面式や創立記念会などの行事や、新寮生歓迎会、夏のキャンプ、クリスマスパーティーといったイベントの参加も義務付けられています。2寮体制となって、寮生のイベントを今後どのように盛り上げていくかについては、市谷寮と白山寮の両委員会が話し合って決めていきます。

 今春、市谷は新寮生14人を迎え入れ、ほぼ満杯に、白山は16人の新寮生を加え54人と満杯になり、2寮合わせて115人に増えました。寮での共同生活を通じて、学んだもの、培った体験を糧にして、優れた社会人に巣立って行ってほしいと願っています。同盟育成会はもとより、管理人さん夫妻と力を合わせ、市谷寮の齋藤学寮長とも連携を密にして、寮生のよき相談相手となるよう微力ながら努めたいと思っています。

 

同盟学寮白山寮 学寮長 黄田秀夫(おうだ・ひでお)

 

学寮委員長からのメッセージ

 こんにちは。白山寮委員長の臼井佑作です。寮生活という言葉を聞くと「大変そう」や「面倒くさそう」といったことをイメージする人が多いのではないでしょうか。確かにそのイメージは間違ってはいません。掃除・洗濯をするのはもちろん、寮で行われる行事は絶対参加。さらに、相部屋制度によって1人の時間はほとんどありません。

しかし、本当にイメージしてほしいのは寮生活を経験して何を得られるか、どう成長できるかです。白山寮では大学、学年、年齢、出身地が異なる54人の寮生が共同生活を送っています。その日常の中で培われる先輩や後輩、同期との繋がりや、コミュニケーション能力は将来必ず役に立ち、これからの人生にとって大きな財産となると私は思います。

 寮生活は大変な分、得られるものも大きいです。私たちと共に成長し合い、充実した学生生活を送りたいという方、入寮大歓迎です。お待ちしています。

2018年度白山寮委員長 臼井佑作