市谷寮(女子学生寮)

東京 山手線内側(市谷)の閑静な住宅街にある女子学生寮
市谷(女子)寮 正面

 最寄駅:

     都営新宿線:  曙橋(新宿より2駅目)から、徒歩4-5分。

     丸の内線:   四谷3丁目駅から、徒歩12-13分。
     JR・総武線: 市谷駅から、徒歩約20分。

建物: 地上3階地下1階。 2004年9月竣工。
定員: 62人
住所: 〒162-0064 東京都新宿区市谷仲之町 2-29
    TEL: 03-3353-2045

    FAX: 03-3353-1890


学寮長あいさつ

 市谷寮は2015年度から女子専用の学生寮として募集を行っています。

 学校法人や自治体等が経営する学生寮と大きく異なり、通学先や出身地が色とりどりです。寮で出会う同期・先輩・後輩に加え、白山寮に住む男子寮生との交流の機会もあり、縦・横・斜めに人付き合いの輪が広がります。住居と食事の提供を超えて得るものが多いはずです。

 当ウェブサイト、特に「学寮生活」のページでは、寮の決まりごとや行事が詳しく紹介されています。寮生活の雰囲気が想像できますので、必ず応募前に確認してください。

 親元を離れて進学し、経済的に厳しくても将来の夢に向かって学業に励みたい、また規律のある共同生活からも何かを学びたい。そのような志を持って頑張る学生を応援します。

 

                                  学寮長  齋藤 美保子

 

学寮委員長からのメッセージ

 初めて会った人と自己紹介をするときには必ずといっていいほど出身地の話になり、それが東京でないとわかると住んでいる場所の話になる。「寮に住んでいます」と言うと「大学の寮?」と聞かれ「いや、民間の寮で、いろんな学校や出身地の人がいて…」と続く流れは、どの寮生も一度は経験したことがあるはずだ。

 同盟学寮に住む人たちはさまざまで、出身はもちろん生活リズムや部屋のきれいさに至るまで本当にいろいろである。寮生の属性がばらばらであるからこそ、多くのことを学ぶことができるとともに、自分に足りないところを成長させてくれる寮であるとも感じている。

 また、東京に夢や憧れを持ってやって来る学生が将来、自立して生活していく上でのスキルを身に着けることのできる場であるとも感じる。挨拶や書類の締め切り、さらに掃除というおそらく一人暮らしでは身に着けることのできない大切なことを習得することができる。これは子どもから大人になる過程で知らなくてはならないことばかりである。それだけではなく、当然寮ならではの厳しさも存在する。寮の行事と、学校の課題とアルバイトをやりくりするのは大変ではあるが、それを乗り越えた先には前よりも一回り大きくなった自分が待っていることだろう。

 食事付きでかつ住みやすい料金という恵まれた環境で、他ではできないかけがえのない経験ができるという、自分を鍛えるには最高の場所である。東京に来てさらに成長したい、また自立して生活していきたいという強い気持ちを持った学生に、ぜひ入寮を検討してもらいたいと思う。

 

 

2019年度学寮委員長  酒井 福