同盟学寮ニュース

同盟育成会・同盟学寮 創立78周年記念会を開催   180人が出席し、盛大に祝う

       岩波書店辞典編集部 平木靖成氏
       岩波書店辞典編集部 平木靖成氏

 同盟育成会・同盟学寮の創立78周年記念会が10月14日(日)、同盟学寮白山寮の1階ホールで開かれた。記念会には、同盟育成会や新聞通信調査会の関係者や同盟学寮OB、市谷寮と白山寮の寮生ら計180人が出席した。

 式典に先立ち、岩波書店の辞典編集部副部長・平木靖成さんが「生きている言葉-辞典編集から見た日本語」との演題で講演した。平木さんは「広辞苑第七版」を編集した経験をもとに、変化する言葉を数多く例示。辞典は最大公約数を集めているが、それを踏まえて自由な発想をコミュニケーション能力に生かしてほしい-と説いた。

続きを読む

大人みこしを白山寮生6人が担ぐ 秋祭りで町内を練り歩く

 

 「サア、サア、サア、サアー」の掛け声に続き「ソイヤッ」「ホッ」「セヤ」「ホッ」と合いの手を入れながら、30人ほどの担ぎ手が威勢よく練り歩く。同盟学寮白山寮が属している文京区の原町町会は、9月8日(土)と9日(日)の両日、地元・簸川(ひかわ)神社の秋の例大祭に山車やみこしを町内に繰り出すお祭りを実施した。

 

 

続きを読む

台風で泳げず-2018年の夏キャン  市谷、白山の寮生ら84人が参加

  同盟学寮の最大の行事の1つ・夏のキャンプが、8月7日(火)~8日(水)の2日間、房総半島の千葉県・岩井海岸で行われた。台風13号の接近であいにくの天候だったが、白山寮と市谷寮から男女寮生82人と寮長2人の計84人が参加。体育館でのスポーツ大会や屋外でのバーベキュー、花火大会…を楽しんだ。2日目は荒天のため、海水浴を取りやめたのが残念だった。

 

続きを読む

盛り上がった新入寮生歓迎会  30人の新人が一発芸やダンスを披露

 同盟学寮の2018年度の新入寮生の入寮を祝う「新入寮生歓迎会」(新歓)が4月14日(土)午後5時から、白山寮で開催された。市谷寮、白山寮の新人30人全員と両方の寮長2人を含む、111人が参加した。

 5時、管理人兼調理人の小宮さん夫妻と、厨房補助の古賀さんによる料理や寿司、ピザが並べられ、文化担当の司会による乾杯の音頭で新歓はスタートした。各テーブルではお互いに自己紹介が一通り済むと、先輩たちが新入寮生を囲んで楽しく歓談した。どのテーブルでも話に花が咲き、大いに盛り上がりを見せた。

 その後、新歓の恒例となっている、男子新入寮生たちによる一発芸大会、女子新人によるダンスが行われた。

 

続きを読む

2018年度の同盟学寮・対面式開かれる。 新寮生は、市谷寮14人、白山寮16人

 同盟学寮の2018年度の対面式が、4月8日(日)に市谷寮で行われた。今年の新寮生は、市谷14人、白山16人の計30人。先輩の在寮生約80人と、この日正式に顔を合わせた。午前11時、同盟育成会の佐藤陽信・事務局長が開式の辞を述べた後、市谷、白山の新寮生の名前を1人ずつ読み上げる。呼ばれた寮生は、起立してあいさつをした。

 山内豊彦理事長が「新寮生の皆さん、同盟学寮へ入寮おめでとう」と、次のようにあいさつされた。「同盟学寮は78年目を迎えるが、対面式は77年前からずっとやっている。新寮生と在寮生が正式に顔を合わせ、楽しく有意義な寮生活にしていくスタートラインであり、意味のあることだと思う」「これから2年~8年間を寮で過ごすことになる。同じ釜の飯を食べ2人部屋で、委員会の決まりを守り自主運営のもとで生活していく。こういう機会は願ってもないことだ」

続きを読む

2018年の卒寮生を送る会 白山寮で先輩寮生を囲み、しみじみと

 同盟学寮の2018年春の卒寮生を送る「追い出しコンパ」が2月4日(日)午後、白山寮で開催された。白山寮生36人、市谷寮生26人に両方の学寮長2人が参加した。

 5時、食堂に在寮生が着席して待つ中、卒寮生が入り口から、順に会場に入ってくる。今年卒寮する白山寮生は11人、市谷寮生は14人。卒業旅行や研修会参加などで、数人が欠席した。

 まず市谷寮の文化担当・荒竹さんがパソコンにまとめた卒寮生の思い出の写真の数々が、テレビに映し出される。新人歓迎会やクリスマスパーティー、夏のキャンプなどで楽しそうにはしゃぐスナップが、それぞれの人柄をしのばせる。送り出す寮生たちの間から、次々に歓声が沸き起こった。

 

続きを読む

2018年 同盟学寮「成人式」白山寮で開く  同盟育成会理事長らが祝辞

 新春恒例の行事、同盟学寮の成人を迎えた寮生を祝う会が1月14日(日)、白山寮で開かれた。市谷寮から女子寮生47人が合流し、白山寮生42人と合わせ89人が出席した。午前11時前、同盟育成会の佐藤陽信常務理事・事務局長が開式を告げた後、成人を迎えた寮生26人(白山寮19人、市谷寮7人)の氏名を、1人ずつ読み上げた。名前を呼ばれた寮生は次々に起立した(留学中などの理由で市谷寮の7人が欠席)。 

 

 まず山内豊彦理事長が「成人を迎えた寮生の皆さん、おめでとう」と、次のように祝辞を述べた。

続きを読む