同盟学寮

市谷(女子)寮
市谷(女子)寮
東京 山手線内側(白山)の閑静な住宅街にある男子学生寮
白山(男子)寮 正面

 『同盟学寮』は、働きながら学ぶ学生を支援するため、勉学に適した環境・設備低料金にて提供する東京都心の学生寮で、創設以来75年以上の歴史があります。

 公益財団法人『同盟育成会』の支援により運営されており、優れた施設と環境、負担の少ない寮費、共同生活といった点で、民間の学生寮とは大きく異なります。

1. 低料金

働きながら学ぶ学生の支援を目的としており、寮費は朝晩2食付き(日曜・祭日は除く)で月3万円 敷金・礼金などの初期費用は不要です。 市谷寮、白山寮ともに、入寮生の皆さんが安心して勉学に励む事ができる充実した設備が完備され、しかも、都内大学や勤務先への通学・通勤には最適な、東京・山手線内の都心部にあります。 この環境で破格の低料金ですが、不足分は同盟育成会が補助しています。

2. 共同生活

『共同生活を通じて、社会への適応性を育む』というのが同盟学寮の伝統的理念であり、独り暮らしでは得られない共同生活が実体験できる場を提供しています。

 学寮での共同生活では、寮生が企画する夏キャンプ、クリスマスパーティーなど楽しい行事がある反面、一定の紀律と義務も求められます。 これらはいずれも、人間形成や社会への適応性涵養に役立ちます。

3.勤労学生のための学生寮

入寮者は働きながら勉学していることが条件となります。アルバイトでも構いません。

 

4. 公募学生寮

 毎年入寮希望者を公募し、その中から入寮生を選抜します。


同盟学寮の歴史

 同盟学寮は、故古野伊之助氏が昭和14年、働きながら勉学に励む学生のための宿舎として東京都・麻布に開設した施設が始まりです。

 創設75年余の間に、約1,500人の学寮生が巣立ち、マスコミ関係をはじめ、教育、医学、実業界など幅広く社会の第一線で活躍しています。

 

 昭和14年4月:東京都麻布区市兵衛町(現港区六本木)に開設。

 昭和15年8月:財団法人 同盟育成会の設立が認可され、同盟学寮が公益事業として発足。

 昭和44年6月:渋谷区桜丘町に新寮が完成し移転。

 平成16年9月:新宿区市谷仲之町に新寮(市谷寮)が竣工・移転。女子も受け入れ、男女共寮に。

 平成26年12月:文京区白山に新寮(白山寮)が竣工。白山=男子寮、市谷=女子寮の2寮体制に。

 

入寮者の推移

       年度       

    男子         女子    

  在寮者総数  

   (期初)

2005年度   10 9 57
2006年度   11 13 62
2007年度   8(1) 4 55
2008年度   15 8 58
2009年度   11 3 62
2010年度   12 10 64
2011年度   9 3 64
2012年度   8(1) 6 60
2013年度   12 6 61
2014年度   14 8 61

 

       年度       

 白山寮(男子)  

 市谷寮(女子) 

新入寮生数

在寮生数(期初)

新入寮生数  在寮生数(期初)
2015年度   20  46 23(1)  39
2016年度   21  54 14 46
2017年度   9 52 29 62

(カッコ内の数字は年度途中入寮者の内数)